ww
Chat With Celebs

PRESENTER

李哲芸
第23回金曲奨最優秀作曲家

台湾高雄生まれの彼は音楽の仕事に触れてから作曲した作品は約1500件、編曲された作品は4500件もあります。ミュージカル、舞劇、舞台劇、分野を跨いでの劇場、子ども劇場、映画、テレビ、CMの背景音楽及び、ミュージカル作品は100件以上も有ります。この仕事を始めてから演出された数は2000以上になります。または国内外のパフォーマンス団体(約100組)の作曲、編曲、背景音楽を手掛けた事もあります。更には十数ヶ所の国際芸術フェスティバルにて活動を行った事も有ります。レコーディング製作は約65枚、この中の作品は17回金曲奨にノミネートされた事が有り、第23回最優秀作曲家受賞、2015年には香港ダンスアライアンスダンス最優秀ダンスミュージック部門受賞、『中国ヒットアルバム10選(中国十大發燒唱片)』最優秀クラシック音楽部門を2回受賞、2010年には『C-POP金曲獎』最優秀クラシック音楽演奏部門にノミネートされた事が有ります。

Facebook
One Song 灣聲樂團 https://www.facebook.com/onesong2017/

Q & A

Q:一日をどう始めますか?

A:一日は、音楽から始まり音楽で終わる。ほとんどのミュージシャンの生態です。
一休憩の時はコーヒーを飲んでリラックスします。

 

Q:よく行かれる場所は?

A:スタジオ、または台湾の至る所です。街中で見かけても驚かないでください。

 

Q:哲芸先生と遭遇するのは難しい。

A:そんな事ないですよ。YouTubeで検索すればすぐ会えます(笑)

 

Q:仕事が終わった後は?

A:娘とハグ、遊ぶ事
仕事の合間は娘といる事にしてます。これが僕の最大の娯楽かな。(満足感)

 

Q:よく行かれるレストランは?

A:新鮮さが好きなので、同じレストランにはあまり行かないかな。お勧めがあったら隠さず教えてくださいね!!

 

Q:海外からの観光客にお勧めなレジャーポイント、グルメ。その他穴場は?

A:寧夏夜市
寧夏夜市は決まった食べ歩きルートがあります。
前菜:卵黄の芋頭餅 主食:赤肉カレーにとろ玉つみれスープ
食後デザート:祥記モチ冰 、次に“フレッシュジュース”でパーフェクトに締めを~~
夜市は本当に便利で主食からデザート、飲み物に困りません。台湾の庶民料理も体験できます。

 

Q:台湾でもっとも面白い所、または魅力的な所は?

A:廟宇へ行く事をお勧めします。台湾人は信仰に対し時には愛らし個性と時には執念深い一面を見せます。
台湾には小さい廟宇文化から大きい廟宇文化があります。それぞれに特色、ご当地の文化の表し方があります。

 

Q:最近曲を編曲する上での考え方は?

A:作曲と編曲はすこし違います。たいていの人はよく間違いますけどね。
編曲:他の人のモノに自分のイメージを加えて作り上げるのが編曲
作曲:ゼロから作り上げるのが作曲、この二つにおいて必要とする技術、専門さはさほど変わりありません。
湾聲楽団(One Song)はほとんどが編曲です。台湾がこの音楽に対する記憶がどんなものなのかを探るためです。
湾聲楽団(One Song)が新しい音楽を披露した時、観客があまり馴染めなかった場合、台湾というイメージに結びつく事が難しくなるので、編曲する際、みんなに共感される且つ異なった風貌を見せられる、様々な年齢層に受け入れられる様な音楽を望んでます。好きになってから初めて受け継がれます。

 

Q:最も影響を受けた一言は?

A:「一生のうち一つの事を上手くこなしたら、それはそれで成功なのです。」と李國修先生が言っていました。
僕は様々な事に挑戦するのが好きです。この数十年、若いときと比べたら体力が落ち、時間もあまり無くなってきてるので、仕事範囲に専念するようにしてます。この一言は確かに僕に大きい影響を与えました。

 

Q:宿泊する時に一番期待するのは?

A:それは空間の規格と設計です。
仕事や休日で家を離れた時、もっと大切なのはフレッシュ感だと思います。
自分の視野を広げるほか、ホテルでは普段見えない世界を垣間見る事ができます。スタッフの接待から、全体が作り出す雰囲気は仕事の合間に創作についての感が得られるので、これ等は非常に大事だと思います。

 

Q:台北旅店の傘下にある旅店に対する印象は?

A:全てのホテル、各自の特色があります。アイデアはあちこちで見られ、全ての階層、ルームからは行き届いた心遣いが感じられます。非常にいい発想ががあり、古い発想ではなく常に新しい、異なった形で表してくれます。ここでは違った体験ができます。